読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁止・強制、「ダメ、ゼッタイ。」

備忘録的にレーシック後遺症の記録を綴っていきます

症状軽減まとめ

気がつけば年末ですね。

毎日後遺症と闘っている方、そんな中でも忙しく仕事に追われている方、クズ眼科医相手に裁判している方、皆それぞれに、本当にお疲れ様です。

 

私の主な後遺症である「遠視」、「眼周囲の硬直・痙攣」、「複視」のうち、もっとも日常的に苦痛と感じている「眼周囲の硬直・痙攣」について、思いつく限り日々の生活の中で軽くなる場合やひどくなる場合を列挙したいと思います。

どれも一時的なもので根本的な解決や寛解にはなっていませんが、同じ症状に苦しむ方の何らかのヒントになれば嬉しいです。

 

■前提として

私の硬直・痙攣については朝が軽く、夜に向けて時間を追うごとに重くなります。

この力みにより眼筋だけでなく、顎の周囲、首筋、肩甲骨周辺も力が入った状態です。

 

■症状の軽減するケース

夕方~夜(1日の中でひどい部類)の症状で、何もケアしなかった場合を便宜上100として、何か行動をした際の症状軽減を記していきます。

もちろん、これは主観的な感覚値であって、測定値ではありません。

 

・ジムでの運動(筋トレ/ウェイト)【症状感覚値:90】

→若干楽になるものの、ほぼ症状の軽減は無しです。

バッジョさんに倣い、運動での軽減をいつも模索しています。

 

・ジムでの運動(有酸素)【症状感覚値:90】

→こちらもウェイトトレーニング同様、若干の軽減。

90/100の症状があるということは、単に集中が運動に向いているだけで、実際には軽減していないのかもしれないです。

 

・サーフィン【症状感覚値:60】

→4割程度、症状が軽減される感じです。

前にも書きましたが、近くに物がないことと、頻繁に水中に入ることが影響しているのかもしれません。

冬よりも夏などの暖かい日のほうが、症状は軽いです。

 

・入浴【症状感覚値:20】

→これは本当に救われます。

ゼロとまでは行かないにせよ、入浴中は苦痛の大部分を感じません。

血流なのか、温度による筋弛緩なのか、とにかく楽になります。

 

・タンニングマシン【症状感覚値:55】

→日焼けサロンやジムの更衣室にあるタンニングマシン。なぜか症状が軽くなります。

紫外線なので目には悪いはずですが、これも体温が関係してるのかもしれません。

 

・咀嚼【症状感覚値:50】

→食事で物を噛む行為では、つらさが半分程度になります。

噛むのをやめればすぐに戻ってしまうのですが。

 

・性行為【症状感覚値:80】

→不快に思ったらすみません。あらゆる行動で症状を見ています。

あまり楽になる感じはないです。

 

・飲酒【症状感覚値:90】

→普通に飲んでいるいわゆる「ほろ酔い」ではほぼ軽減されることはありませんが、一緒に物を食べるのでそちらで軽減されるケースはあります。

泥酔近くなると、もはや何がつらいのかわからないため、眼を意識することはなくなりますが、同僚の証言では帰りのタクシーで左目を押さえていたそうなので、軽減されていないのでしょう。

 

・安定剤投与【症状感覚値:75】

ベンゾジアゼピン系薬剤は、酒よりも楽になる印象です。眼というよりも付随する顎周り首周りの硬直が軽くなっているので全体として楽に感じます。

楽になる量の境目は、コンスタン0.4×2錠程度なので、ジアゼパム換算で約5mg~7.5

mg/dayくらいです。

あと、吐き気も一時的に収まる(ごまかせる)ので、重宝します。

ベンゾ依存症については色々思うところがありますし、かつて血のにじむ思いで漸減により断薬し、長らく(10年以上)やめていた経験があります。なのでなるべく飲みたくはないのですが、レーシック後遺症の苛烈さに、そうも言っていられないのが正直なところです。

 

・点眼(サンテメディカル12)【症状感覚値:90】

→気持ちは良いのですが、この点眼で得られる楽さは症状とはまったく別で、ほぼ軽減はしていないです。

サイプレジンを処方してもらってた頃は、点眼でもう少し楽になった気もしますが、数年に亘りかなりの数の病院を巡った結果として、現在では根本治療につながらないものは積極的に行っていないため、市販のサンテメディカル(サンコバのOTC)を気休めに使用しています。

 

・逆立ち【症状感覚値:40】

→数秒しか持ちませんが。

 

・PC作業【症状感覚値:110

→遠視めがね無しでのPC作業は、つらさ2割り増しといったところでしょうか。

 

スマホ作業【症状感覚値:150

→こちらは5割り増しでつらくなるイメージです。

裸眼では5分~長くて10分が限界ですね。まぁ、友人との連絡のほかは、乗り換えアプリかgoogle mapsくらいしか使わないので、10分も凝視することはないですけどね。

 

 

 

また思いついたり体感したら書いていこうと思います。

 

つらいのは決してあなただけではありません。何かあれば、助言ができたり、苦しさを共有できる人間がここにも一人おりますので、どうか皆様も後遺症に屈せず、良いお年をお迎えください。

 

近況

長らく放置しておりました。。。
まぁ、こんなネットの片隅のブログなんぞ更新されようがされまいが誰も困らんのですが。

これだけ更新がないと、おや、治ったのか?裁判中で口をつぐんでいるのか?等々
思われるかも知れませんが、結果から言うと後遺症は全く変わっておりません。

ただただ生きるのに必死でした。。。

 

■左目と鼻の間の硬直・痙攣に関しては、良くも悪くも症状が安定(固定)した感じです。
季節に関係なく、ほぼ同じ一日の症状サイクルです。

寝起きから10分程度は無症状→昼から午後にかけて中程度(何かに集中していれば気にならない)→夕方から夜は最悪(常に緩和法を探して体のどこかしらを触っている)

という状況です。

 

目と鼻の間だけがきついのではなく、左の顎の付け根、左の首筋、左肩、左の肩胛骨内側あたりに無意識で常に力が入ってしまう。

 

■遠視については、やや近視化しました。

散瞳なしで、右目+1D、左目+0.5Dといったところです。

 

■複視は全く変わりませんが、左上方を見たときにしか起こらないので困っていません。

思いっきり左上方を見て複視にすると、目と鼻の間の痙攣は止まるのが不思議です。

 

この目と体で毎月100時間を例外なく超える残業をこなしてるのですから、自分の忍耐力に驚きます。実は我慢強かったんだなぁ、と。

 

花粉症の季節ですね。

花粉でグチャグチャになって常時くしゃみが出てる方が鼻の付け根が楽な気がします。

周囲からは「花粉症つらそうだね」と言われますが、レーシック後遺症に比べたら、屁みたいなもんです。

 

皆さんもそれぞれつらい後遺症と闘っていると思いますが、どうぞご自愛ください。

 

 

人口眼球だそうです

tabi-labo.com

プロの医師求ム

鼻の異物感と痙攣が、眼球を押さえると止まる。

 

たったこれだけのメカニズムを、どの医者もアホ面揃えて「わからん」って、どうよ?

専門家だろ?プロなんだろ?

 

花粉の時季にくしゃみ鼻水で「アレルギー性鼻炎です」とか、抑うつ気味の奴に「休息を取って安定剤を飲んでください」とか、腰痛にモーラステープロキソニンが有効だとか、そんなん俺でもできるっつーの。

 

ここぞって時に専門的知見で解決してくれよ。解決に至らなくても機序とか対症療法の提案とかできないの?アホなの?アマなの?プロじゃないの?

深夜残業はクリティカルウェポン

痛ぇ。重い。左目取り替えたい。

何がつらいって、患部以外(頬・首・肩の筋肉)がバランスを取ろうとして強張ること。

深夜残業のように「起床から一日の時間が長い」と、患部以外が劇的につらい。

徹底して眼鏡を外さないこと

目と鼻の間の痙攣とそれに呼応する顔左半分のこわばり、相変わらず続いてます。
加えてそれに連動する左首筋のコリのような痛み。

PC作業など近くを見続ける際は遠視眼鏡(+1.5Dの遠視矯正に若干のプリズムが入り)が必須。でないと分単位で症状が急速に悪化します。

今日、起床から頑なに遠視眼鏡をかけ続けていたら、午後一あたりまでは軽症でした。
徹底して外さないことがやはり負担を僅かながら抑えてくれます。


汚れようが、ズレようが、遠くが見えなかろうが、風呂に入って曇ろうが、
何があっても眼鏡を外さない。
やむを得ず外すときは目を瞑る、それでも開けてしまいそうならできれば両目とも(危険なシチュエーションなら少なくとも片目は)手で覆う。
常に太陽にド正面で向いているかのごとく、とにかく裸眼で何かを見ない。
こうすることで、通常は午前中に出る症状を午後2時頃まで延命できます。なんという不便な暮らし。

じゃ、コンタクトで良いじゃんって話になりますが、そうも簡単にはいかない。
遠視だけでなく眼位も複雑に絡み合っているため書くと長くなるので書きませんが。

レーシックしたのに四六時中眼鏡、しかもそれですら不快な症状が若干緩和する程度。
う~ん、どうしてこうなった・・・。

医療用大麻

かねてから症状を相談していたアメリカ在住の医療関係者の友人から、医療用大麻を勧められてしまいました。。。

なんという転げ落ち人生(笑

 

確かに、ベンゾジアゼピンにせよアルコールにせよ、副交感神経を優位に変えるものを摂取すると、目と鼻の間や左頬の奥・顎、首筋といった「顔の左側の力み症状」はかなり緩和されます。

同じダウナー系でやはり副交感神経優位にするカンナビスも同様の効果が予測されますが、日本は一部属人主義を採っているためたとえ合法な国や州に行っても日本国籍保持者は逮捕されるので、そんなリスク背負ってまでやる気はありませんが。

 

アメリカはコロラド州ニューヨーク州がすでに合法らしいが、違法のはずのカリフォルニア州、サンタモニカあたり行くと怪しい処方箋屋さんとかあるよな。。

 

 

もうすぐ1年半

手術からもうすぐ1年半です。

症状は相変わらずです。遠視による吐き気、左目周囲のこわばりと痙攣、左目の奥の痛み、正面以外の複視。

時間経過による自然寛解の線は、もうないでしょう。

選択肢は

・斜視手術(左目症状の原因が眼位の場合)

・遠視矯正手術(遠視が原因の吐き気に対して)

くらいでしょうか?

 

先行きがあまり明るくないですねぇ。

複視

1:25あたりからの映像、視界の端で物を見るとまさにこれです。

 


Botched Sinus Surgery Resulting in Double Vision - YouTube

サンテ メディカル10

 

この一年、目と鼻の間の痙攣、圧迫感、目の奥の痛み、頭の締め付け、顎の力み、吐き気、頭痛という症状の原因を探るため様々な医療機関を受診して来ました。
複数の眼科→神経眼科→耳鼻科×2→心療内科脳神経外科神経内科→形成外科というまさに難民生活です。

 

先日、再び神経内科を受診
→→→瞬殺で耳鼻科への紹介状が出ました(笑)。

f:id:red_one:20141006202433j:plain


「もう知らねw」って感じなんでしょうねぇ。

 

今日は、台風の低気圧のせいですかね?眼の奥の痛み、眼筋と顎に力の入る感じ、気持ち悪さがいつもよりひどい一日でした。
いや、待った。低気圧のせい?気圧の変化ぐらいでこんな劇的な症状でねぇし。レーシック手術後遺症のせいに訂正。


眼科医をいくら回ってもどうせ治せるところがないからと、しばらく眼科に行ってないためサンコバもサイプレジンも持っておらず、日頃はソフトサンティアを気休めに点眼する程度ですが、今日は仕事中あまりに目が辛くて眼薬を買いに行きました。

薬店に行くと眼薬コーナーってかなりの種類が並んでますね~。
あぁ、この目に1年も続く激しい症状を前にしてはどうせ似たり寄ったりだろうし、気休めなので人口涙液でもなんでも良いのですが、サンコバを参考に赤けりゃ良いだろうと思い、「メディカル10」というのを買いました。
点眼から30分くらいの間まぁまぁ楽です。

 

f:id:red_one:20141006202524j:plain


血管収縮剤(塩酸テトラヒドロゾリン)が入ってるので常用は避けたいですが。
あと、点眼後のにおいが墨汁ですな・・・。

レーシック集団訴訟の報に対する反応

更新が滞っておりました。

ハッキリ言ってかなり調子悪いです。

左目痛いです。頭ごと締め付けられてます。痙攣してます。一日中。

 

レーシック被害に関し、集団訴訟の動きが報じられました。


レーシック被害 提訴へ

 

 

これに対し、ネット上の掲示板などにおける反応を大別すると、大体下記のような感じでしょうか。

 

●「安い手術を選ぶからだ」

→被害者の情報でよく聞くのは、品川近視や錦糸眼科における最も高い手術プランです。確かに、そうした大手レーシック専門クリニックに比べ、一般の眼科における手術料金のほうが高額なのは確かですが、苦しんでいる被害者が一様に「特段安い手術」を受けたわけではなさそうです。

 

●「後遺症なんて誰でもある」

→「ハログレアなんて俺もあるよ」的な反応。

いや、マジでそんなレベルじゃないのですよ。24時間左目に万力ですが耐えられますか?

誤解を恐れずに書きますが、ハロとかグレアとかスターバーストとか、そんなクソみたいな症状だけなら「後遺症」なんて呼んでません。

 

●「リスクに同意したでしょ?」

→いいえ。このような苛烈な症状が起こる可能性は書面・口頭ともに示唆されていません。(ハロ・グレア・スタバ、暗所視力の低下等に関してはそのリスクを承知し同意しました。)

 

 

近見作業やPC作業が多い(ほぼ一日中)と申告した患者に対し、問答無用で1.5D以上の遠視にするような連中に、リスク管理や充分なインフォームドコンセントなど土台無理だっつー話でしたね。

 

もう、術後一年です。

かなりの数の眼科と、脳神経外科、耳鼻科、神経内科心療内科と、これだけ医療機関に通った年はありませんでしたが、治癒どころか原因となる部位や機序の特定にすら至ってません。

そうした真の被害者の状況が、記録にごまかしの効かない司法の場で明らかになることを願ってやみません。

 

それにより、今回挙げたようなネット上での反応、某サイエンスライターが展開するコンタクト業界陰謀説が、微塵に粉砕される日が来ますよう。

眼窩骨折は経過観察へ

先日、神経内科MRI検査で見つかった眼窩の軽微な骨折。

院内紹介状で形成外科の受診となりましたが、結局、異常なし=経過観察となりました。

 

というか、体よく追い返された感じです。

 

神経内科の先生はとても熱心に診てくれましたが、形成外科ではMRI画像を見ながらの簡単な問診のみで「異常なし」の診断。

 

自分のところでレーシックをしているがゆえの“身内の庇い合い”かどうかわかりませんが、形成外科に移った途端、なぜか狂言扱いされてしまい、「眼窩の骨折でそんな症状は出ない。これ以上ウチではお力になりません」と。

さらに「では、もう一度神経内科に戻って筋電図を取っていただきたいのですが」というと「その必要はないでしょう。ウチではこれ以上原因の究明ができないです。」と治療終了となりました。

 

院内紹介状に「症状が出始めた頃ににレーシック手術の既往がある」と申し伝えてもらったことが仇となりましたかねぇ。

 

元々、地元の脳神経外科から、「大学病院で筋電図を取ってこないと原因や機序がわからないので、検査に行ってください」と紹介状を出されたのが受診の発端です。

どこの病院でも良いといわれていたのですが、今回通った大学病院は院内でレーシックを実施しているため、何かあれば些細なことでも屈折矯正外来との連携があるかなと期待し、わざわざ車で2時間以上の距離を通ったのですが、ダメでした。

 

初診から約2ヶ月、神経内科初診→MRI検査→MRI結果(転科)→形成外科
と4回も会社を休んで、結構なお金を取られ、このザマですわ。占いの館とかマッサージなんかに4回行ったのと大して変わらない。。。

 

「異常なしな訳ねぇだろ!?このボンクラ!今この瞬間も収縮をくりかえしてるじゃねぇかよ」と思いつつ、こんな遠方に通ってまで無意味な問答に時間を費やしたくないので、別の病院を探します。

f:id:red_one:20140809210449j:plain

 

MRI ジャネッタ手術適応外でした

MRIの結果を聞いてきました。

血管と神経の接触や圧迫は無く、減圧手術でどうにかなるものではないそうです。

つまり原因不明。

 

代わりにといってはナンですが、なぜか眼窩部に軽度の骨折が見つかり形成外科への院内紹介状が出ました・・・。

「レーシックとの関連は不明だが、もとから骨折があったところに、レーシック時の強い吸引で神経の位置関係が変わった可能性は充分ありうる」とのことです。

 

マジでもう健康に戻りたい!!

常時変な力が入ってて、もう顔左半分歪んできてます。

 

明日は雨らしいけど、1日中海に浮かんで目を忘れよう。。。

それでも、希望を捨てちゃ、いかんのです。

症状は相変わらずです。

(今週末、血管圧迫を調べる目的で受けたMRIの結果が出ます。) 

 

私は、レーシック後遺症によって

・健康な心身を奪われ

・ユーモアを奪われ

・仕事のパフォーマンスを奪われ

・休日の楽しみを奪われ

・仕事や遊びで限界近くても「もう少し頑張ってみよう」というガッツを奪われ

・人に優しくする心の余裕を奪われ

・愛する者に「一生面倒見てやる」と言える自信を奪われ

・かさむ治療費で自由に使えるお金を奪われ

た訳です。

 

こりゃ、結構大変です。

それでも希望を持って生きていかなくてはいけません。

でなければ、支えてくれる家族、笑顔をくれる何物にも変えがたい友人たち、そして何より自分自身に申し訳ないからです。

 

下のリンクは、私なんぞ屁ともいえるほどの壮絶な運命を背負っても、なお、力強く前向きに生きている方(まだ大学生の女の子)のブログです。

 

「余命半年」宣告されるも、今を生きる。

 

心が折れそうな時にどうぞ。

 

せ、先生。まだ削るんですか!?

 

品川近視の副院長が

冨田実アイクリニック銀座を開業しましたね。

 

私の執刀医ではないので個人的に恨みも何もありません。

まぁ、ご開院おめでとうございます、ってとこですかね。

でも先生!品川時代にあれだけ後遺症患者を生み出しておきながら、まだ新規で削るんですか?

 

「当院では日帰りレーシックは行いません。」といっているので一部改心したのでしょうか?

じゃあ、品川時代に日帰りレーシックをしていたのは、危険だと認識しながらやってたんですか?

 

それと、中央区ドクターズファイルではこう仰っていますね。

 

>私は医師としては珍しく「気合い」という言葉が好きなのですが(笑)、たとえどんなに難しい症例、どんなに難しい手術であったとしても絶対にあきらめることはしません。

 

かなり難しい同じ症例の後遺症患者が、私を含め少なくとも数人はいるのですが

諦めずに気合入れて治療法を模索してくれませんかねぇ・・・。